練習記録・大人編

 洪人館テコンドーは神奈川県・鶴見に本部道場を置くWTFテコンドー道場です。
 鶴見本部道場の他、世田谷、高田馬場、川崎、山手などで活動しています。
 日々の練習や試合、イベントの様子、お知らせなどをお届けします。

アニョーン

りょーです。

写真でも紹介してますが、栄田君が道場へ練習にきました。彼の練習はJTSの時以来。相変わらず熱く、気合いが入りました。ありがとう!

彼とキョルギをやった生徒のみんな。試合前だからこそ得たものがあるきがします!


久しぶりに栄田君とスパー。 昔とは違う感覚で闘えます。前は彼の懐飛び込んだら、網にかかった魚のように逃げることができなくてカウンターを浴びまくる。そんなスパーでしたが、今は違う。 もっと内容があり、心に余裕がありました。彼のような、素敵なテコンドー人が自分を成長させてくれるものなんでしょうか

ありがとう。


最近非常にキョルギ練習が多く、生徒のみんなと一緒に自分もテコンドーの面白さを知り発見があります。


18日には、高田馬場の生徒が全員鶴見の本部に集まり合同練習を実行しましたよ


ガチキョルギ!

みなさん怪我は大丈夫かな

この日でみんな大分わかっただろう。キョルギ(スパー)の難しさ、やることの意味のでかさ、または、いかに基本をコツコツやっていてよかったか。


キョルギ(スパー)なんかやったことない高田馬場の生徒はみんな強く、びっくりした。 わかったんじゃないかな、基本と実戦は密接にリンクしている、

高田馬場の練習はそれをふまえて、今まで通りしっかり基本やろ!
そしてそこに、実戦を取り入れる努力をしていきたいと思います。

それにしても師範気合い入ってましたね

20時START 23時30分CLOSEって

みんなおつかれ




あと、喜人会の貫井君も高田馬場に遊び来てくれましたね彼の学ぼうとする姿、嬉しいわぁ


日本のテコンドーの未来アカルイ!他道場の選手と交流することは大事だと俺は思います。

何がなんでも。


日本のテコンドーがいつか、変わるかな。

電車の隣のにーちゃんとか、おばちゃんとか、おっちゃんとか。
みんなテコンドー知ってる。 そんなことは起こしえるのだろーなぁ。


11月は東日本で始まり、キョルギ中心の明確な目的に向かって練習できている、いい月だ。


12月は南関東で始まり、昇級審査に向けてみんなが向かっていけるまたいい月にしましょ?

ね。

はい

最近のみんなをみて、
頑張ってるみんなをみて、blog更新した りょーでした☆
スポンサーサイト
アニョン、りょーです。
寒すぎです
本部も高田馬場も南関東に挑戦する選手が沢山います。みんな、やるからには勝ちたいという気持ちが伝わってきて、嬉しい気持ちになります。
今回は大人はおそらく、8人が出場だった気がします。そのうち初出場が5人。

大会に向けて、しっかりメニューを組んであげたいし、少しでも試合が楽しめるようにしたいです。

選手のみんなとノートで交流もしています。そんな出場者の中で、ふと、テコンドーについて、綴ってあった言葉に、心を打たれました
載せちゃいます




「とりあえずやってみよう

人蹴れなくてもやってみよう

体力続かなくてもやってみよう
カウンター出来なくてもやってみよう

ステップ下手くそでもやってみよう

怖くてもやってみよう

恥ずかしくてもやってみよう

筋力なくてもやってみよう

今までやってないテコンドーやってみよう

キョルギ合ってなくてもやってみよう

『キョルギ』、やってみよう

勇気ね。」





なんか自分の気持ちと重なりました。 一人一人テコンドーと真剣に向き合っていることか、すごい大切なことな気がしました。

眠いし 腹減ったし、身体だるいけど、


やってみよう かな!

アニョン、りょーです。

やっと肌寒くなってきました。この季節、朝起きるのしんどいです!身体も眠っていたりします。

朝の熱い缶コーヒーを、胴着の中に入れながら、あっためながら、柔軟をする。
缶コーヒー君。冬の知らせですかねぇ?


朝の練習の中では、気づきが多く、いつか当たり前のよーに動ける身体であればなぁって考えます。

試合が近く、何すればいいかと焦る事は少なく、今までの経験をいかして、今まで当たり前にやってる練習を、東日本ではやりたいなぁと思います。

相手をしっかりみて、自分が一個ずつ何してるか見て感じたら、成長。
そして勝てたら、一歩前進です


さて最近また映画をまたよくみます。

「言葉は裏切るが、音は裏切らない」

というフレーズに心を抜かれた映画がありました。
確かに言葉は、変形しやすいなぁ。
スポーツも同じく、裏切らないものがたくさんあるきがします。
それは財産になりますね◯

冬も始まりそうですが、熱いゆったりとした冬にしていこー
鍋くいて


写真はヒジンにキスしてみたところでーす

アニョン、身体ガクガク!
りょーです。


写真の素敵な方。高田馬場道場の新たな仲間タカヒロ君(三浦さん)

高田馬場もりあがってきたぞぃ 体験だったのに、マンツーマンでガンガン教えた。どんどん目の色変えて、硬くカチコチの身体必死に柔らかく頑張って蹴りまくってくれました。
ありがとう

でもたかみち君!

あえて言うよ。師範や俺や仲間を信じて!目に見えない何かを伝えていくから。
なは。たかみち君が頑張る姿に、疲れ飛んだわ。

終わった後にこの笑顔で「本当に楽しい。これからよろしくと」
第二ステージの居酒屋で言った言葉録音してますからね♪

宝物です。ありがとう


さゆりちゃんも高田馬場入隊しました。 さっそくさゆりノートもつけてるぞ、ありがとうね


いやぁ?

人増えて練習楽し!


鶴見にも今日二人新たなメンバーいるし!

ただしくんと芳賀さんね。今日結構ガンガンやったけれど、必死で練習してくれてありがとうございます

これから教えたり教わったりが沢山あると思います。いゃぁ?
ありがとう!

てかキムニーいた!あんた好きだよ。


師範には足りないと言われるし、自分では本当に足りな過ぎると感じるけど、

俺はテコンドーに沢山の時間と想いを費やしていると思う。

そんな人間だと思います。

よく、こんなよくわからないスポーツをなんのためにやるのだろう。 ちっとも楽しくないやと感じ、足踏みする時も多いけど、でも競技を続けてます。


今仕事前、朝練習をしています。とてもとても孤独で、心が折れそうになるけども、僕の先生は、35年(くらい)のテコンドーで培った宝物を、日本人の僕に与えようとしてくれます。


初めて出会ってから今まで。テコンドーの細かい動き、心の揺れ、生活態度、弱さ、長所、短所、全てをみてくれています。

毎日歩く孤独の一本道、誰も気づかないけれど、胸はいつも泣いていました。 最近もそうかもしれません。

ただ輝く自分をイメージすることを、僕の師範は想像させることを教え続けてくれていて、師範はイメージしてくれているんだと、最近感じ、感謝の気持ちで溢れます。 たまに……だけど。(言えない)


今日朝練やって会社に向かうとき、なんか心が歩幅をこえて前に前にいこうとする、ワクワクしている自分に気づきました。
輝く人になりたくて目を閉じて想像してみる。



みんなはにやけてますか?目をそらそうとしますか?

つらいこともあるけども、沢山笑って、沢山夢みたり、どう考えても、幸せで輝く自分がイメージできる、今日は!


だから嬉しくなってblog書いてみました。


俺は俺をいつもみています。だから今日も楽しくいきれるのでしょうか。


道場いたり、デパートいたり。一見だらしない。
でも今はいーんだ、

これが俺の一本道

いつもみてる俺は。

ぐほぉ



明日は朝からさいこが朝練に参加します。 そのやる気に嫉妬するわ(笑) ありがとう

寝ようか。明日一日を大切にしよー、

コリョやろー
アニョン、りょーです


10月瀧澤のスイッチ入りました。

朝から師範との練習が始まりました。 身体の力を抜く、身体と手が一体となる感覚、全てがシンプル。
師範にミットもってもらうとスイッチが入ります。
この時の自分好きです
鼓動が走る


やりたいという気持ちを、汲みとって、一緒に始動してくれた、師範に感謝します。ありがとうございます!


自分の練習をやりながら、指導していく人間になろうと思えます。
『動く』ことで『導く』偉大さ、責任感を理解しようとしています。


人が動くのもすばらしく、人を導くのもまたすばらしいことではないかな。導かれながら進める道があることに感謝しなければいけないかな。にやにやですね◎



それにしても、左のトリョチャギ(まわし蹴り)下手(笑)


プンセ(型)も朝からやれているし、しっかり体にテコンドーを与えていこう。


あと鼓動が始動したのは、大人クラスの生徒のおかげでもあります! 昨日練習はとっくに終わっている時間に道場に帰ったら、

なんとびっくりな光景。


道場に生徒全員が残ってます。 最年少の高校生、琴君がみんなに腹筋をやらせていました。
俺が作った腹筋メニューキツイはずなのに、みんな、死にそうな顔で汗だくで、なんか ウォーとかグファーとか気持ち悪い声だしながらやっています。終わると琴君が「りょーさん俺の腹ヤバイッス!どーすか!!?」とかなんかにやにやしながら臭い胴着の上から触れと言わんばかりに腹を突き出す。 もちろん我慢して触ったが、 硬い。腹が硬いではないか。


汗だくの生徒達はみな颯爽と「お疲れっす♪」 と 帰って行きました。


こーゆーこと!


始動→鼓動→指導→鼓動→始動→感動!

どーゆーこと?


楽し

 | Copyright © ある日の出来事@洪人館 All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ