2011年07月

総持寺盆踊りに引き続き、
22日~24日まで、鶴見神社の夏祭りである天王祭が行われていました。

鶴見神社のホームページによると、

『氏子青年会の若者達が威勢のよい掛け声 と共に大神輿担ぎ上げ、鶴見の町をねり歩きます。
夕方から夜にかけ、天狗舞を先頭にした神輿の行列は鶴見駅前から神社までの間を渡御します』

とのこと。

せっかくなので、日曜クラスの後に見に行ってきました。

到着した頃にはお祭りも佳境に差し掛かり、おみこしのお宮入りを見ることができました。

【左:担ぎ手がかなりの密着度のおみこし… 右:舞ってはいませんが天狗がいました】
CIMG9707.jpg CIMG9711.jpg

CIMG9712.jpg CIMG9719.jpg

実はとっても歴史のある由緒正しい鶴見神社。
ルーツは推古天皇の時代(!!)の杉山大明神だそう。

6月と12月の大祓では茅の輪くぐりが行われます。
厄を払いたい方は年末に鶴見神社で茅の輪をくぐりましょう。
実は隠れ神社マニアの私でした…(笑)。

スポンサーサイト

 | Copyright © ある日の出来事@洪人館 All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ