2012年02月

2月21日(火)
本部道場からほど近い潮田中学校でテコンドーの授業を行ってきました。

外国人が多い鶴見という土地柄、多文化に対する教育に力を入れているという潮田中学校。
その中のひとつとして、韓国・朝鮮につながる人々との交流を目的とした『コリアンウィーク・コリアンデイ』にて、3年生向けにテコンドーのワークショップを行いました。

テコンドーの他に、韓国・朝鮮料理づくり、ハングル、チャンゴ、韓国舞踊、張り子のトラづくり…などなど。
興味のあるワークショップを選んで参加する形で、テコンドーには40名位の参加者がありました。

洪師範の他、指導員の亮君、有給休暇を取ってくれた立木君、荻ちゃんとまるちゃんもお手伝いしてくれて、授業は大いに盛り上がりました。

まずは格技場で練習。ストレッチングやももあげ、基本蹴りなどを練習。

20120221_091332.jpg 20120221_104346.jpg

その後体育館でコースごとに発表会。
板割りやキョルギを発表しました。

20120221_112532.jpg 20120221_112825.jpg
20120221_113149.jpg 20120221_113349.jpg

中学3年生といえば多感な時期。
どんな子達だろうとドキドキしながら参加しましたが、みんな素直で素晴らしい子どもたちでした!
私たちが講師として教える立場でしたが、逆に生徒さん達から力をもらってしまいました。

鶴見で生活していると、毎日色々な国の人と出会います。
ですが、実際にその人達の国を、文化を知っているのかと言われるとそういうわけでもないんですよね。
それを学校でこうして考える機会を設けているって、素晴らしいことだと思います。
地元にこういう学校があることは本当に嬉しいです。
先生方も本当に良い方ばかりで、生徒たちは幸せですね。

潮田中学の先生方、生徒の皆さん、ありがとうございました!
この機会に皆さんが少しでも韓国、テコンドーへの関心を持ってくれたら嬉しいです!
スポンサーサイト

 | Copyright © ある日の出来事@洪人館 All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ